浄水器のメリットとその種類について

浄水器のメリットには、高価な機種なら99%近く不純物(放射性セシウムなど)を殆ど取り除くことが出来ます。

浄水には、少し時間がかかりますが浄水器の浄水量の分だけ綺麗になった水を使用出来るので、飲み水以外にも料理などに使用することが可能です。

オフィスコーヒー選びをお手伝いします。

定期的なフィルターの交換は必要になりますが、1L当たりの価格は使用する量によっては、ミネラルウォーターを購入するよりも安くなることがあります。
勿論、メリットだけでなくデメリットもあります。
初期費用や定期的なフィルター交換などのメンテナンスなど価格が高いです。



浄水した水は雑菌が増えやすいので、長く保存が出来ないなどです。



日常で使うときには、浄水機を使用して災害時の備蓄などには長期保存が可能なミネラルウォーターを保存しておくと安心です。

それぞれの機種によって価格や、性能、浄水方式によって能力が違ってきます。

また、実際に購入するときには浄水能力以外にもどこに取り付けるかや、1分あたりの浄水量(水の使用量)、本体価格以外にかかるフィルターやカートリッジ費用なども確認しておくことが大切です。


浄水機には、蛇口に直付するタイプや、据え置きタイプ、キッチン収納型と大きく三つの種類があります。
例えば、蛇口に直付するタイプの浄水器は、本体の価格が5千円からと他の種類と比べると安価で、フィルターも一個が3千円からと手ごろな価格になっています。

専用の金具を使うことで、殆どの蛇口に直接取り付けることが出来ます。
据え置き型のように、置き場所をとらないのも大きな特徴です。